トップページ»  活動報告

教授挨拶|慶應義塾大学医学部 外科学教室 一般・消化器外科

活動報告

一般・消化器外科 紹介動画 初期臨床研修(研修医課程) 後期臨床研修
(専修医課程) 領域横断的内視鏡手術エキスパート育成事業プロジェクト

慶應関連サブスぺ連動型外科専門医研修プログラム

2021年2月20日(土)、2020年度慶應関連サブスぺ連動型外科専門医研修プログラムフォーラムを行いました。今年度は、新専門医制度になってから初めての修了者を輩出いたします。20名の対象者に対して、修了認定を行い、フォーラムではその報告がなされました。
COVID-19の感染拡大防止に鑑みて、今年度は初めてのWeb開催といたしましたが、100名以上の外科学教室員や連携施設担当者の方にご参加いただきました。

慶應義塾大学外科学教室は、四診療科(一般・消化器、小児、心臓血管、呼吸器)から成る大教室です。プログラムの最初2年間は関連施設で修練を行い、3年目は基幹病院で研修を行うのが通例であります。新専門医制度では、十分な診療経験、学術活動に加え、医療安全などの共通講習の受講が必須であり、必要な症例数を満たすようにローテートを組みます。
新専門医制度になってからプログラムの登録者数は増加しているものの、不足している施設や地域もあります。その中でも、慶應義塾大学の外科研修プログラム登録者は、全国で2番目の多さであります。今後も連携施設との協力のもと、奮闘していきます。

4月より25名の医師が新しく入室いたします。フォーラムでは、新入室員より自己紹介が行われました。また、現在、各関連病院や慶應義塾大学病院で研修を行っている専攻医の研修報告が行われ、手術症例数や術者症例数の報告がされ、順調に研修が行われている様子が伺えました。

初めてのWeb開催であったものの、専攻医の研修報告およびフォーラムを無事に終了することができました。今後もご支援・ご協力をお願い申し上げます。
 

第44回慶應外科フォーラム

2021年1月23日(土)、第44回慶應外科フォーラムを行いました。COVID-19の感染拡大防止に鑑みて、今年度は初めてのWeb開催といたしましたが、約250名の先生方にご参加いただきました。

フォーラムでは、海外留学中の6名の先生方より報告がなされ、各々充実した留学生活を過ごしていることが伺えました。

また、各分野から代表の先生方より研究紹介が行われました。各分野の現状と今後の展開が示され、更なる発展・寄与が期待できる内容でありました。

Web開催ということで、多くの先生方にご参加いただき、また海外留学中の先生方よりお話いただけたことは、よかった点であります。今後もご支援・ご協力をお願い申し上げます。

「慶應義塾大学医学部外科学教室100周年記念事業」記念講演会

慶應義塾大学医学部外科学教室は1920年に開講し、2020年に100周年を迎えました。

本来ならば、2020年6月に記念講演会および祝賀会を行う予定でございましたが、今般のCOVID-19の感染拡大防止に鑑みて、2020年12月26日(土)にWeb開催という形で、記念講演会を行いました。

北川教室主任の挨拶から始まり、国内外よりご来賓を予定していた方々のご祝辞をビデオレターにて紹介するとともに、外科学教室の100年の歩みや外科学教室4診療科の歴史と未来について報告致しました。また、特別講演として日本外科学会理事長 九州大学大学院 消化器・総合外科 教授 森正樹先生より「これからの外科学」についてご講演を賜りました。

残念ながら、皆様にお集まりいただく形で会を行うことができませんでしたが、多くの方にご参加いただき、感謝申し上げます。なお今後、外科学教室のホームページ(http://keiosurg.umin.jp/)に当日の動画を配信しております。ぜひそちらもご視聴ください。今後もご支援・ご協力をお願い申し上げます。
 

Page Top